越井木材工業株式会社
sitemap
 
プレスリリース
 

国産材+熱処理技術で都市熱をクールダウン
国産材を活用したヒートアイランド対策協議会が始動


 
掲載日(2010年 11月 16日)
   
 

木材を都市のヒートアイランド対策に役立てるため、2010年1月14日に発足した
「国産材を活用したヒートアイランド対策協議会」は、 既存の建築物の外壁や屋上を
木材で覆った
ときのヒートアイランド抑制効果の実証試験や、シミュレーション、
普及のための施工方法、デザインの検討を行なっています。


◆協議会の活動内容

1)ヒートアイランド熱負荷削減量調査

東京・大阪などの都市部において、実際の建物や試験棟などを利用した実測調査を実施



調査物件

 

コーケンビル(神奈川県 横浜市)
コーケンビル

東京大学(東京都 文京区)
東京大学

大阪府立大学(大阪府 堺市)
大阪府立大学

観音台(茨城県 つくば市)モデル棟
観音台モデル棟

柏の葉キャンパス(千葉県 柏市)
UDCK

大阪木材会館(大阪府 大阪市)
大阪木材会館


2)CO2削減能力の評価
ヒートアイランド対策によるCO2排出量削減効果をシミュレーション

3)デザインの検討
市場での流通を促進するための汎用的なデザインや施工方法の検討

4) 行政への提案

ヒートアイランド対策として木材を活用するための政策立案にむけた基準や指針を行政へ提案

※この事業は、林野庁の地域材利用加速化緊急対策支援事業のうち、
「屋上木化等の外構材による環境貢献度調査」に採択されており、平成23年3月まで実施していきます。



◆協議会の組織について

日本におけるヒートアイランド研究の第一人者である水野稔氏(大阪大学名誉教授)を代表幹事とし、木材や建築に関する研究機関や企業の有識者のほか、オブザーバーとして地方自治体が参加する産学官の連携組織です。会員の所属は下記の通り

   
●三井ホーム(株) ■大阪大学★大阪府みどり・都市環境室
●大阪府森林組合 ■大阪府立大学 ★大阪府環境農林水産総合研究所
●(株)日建設計総合研究所 ■東京大学 ★大阪市環境局環境施策部
●(社)大阪府木材連合会 ■横浜国立大学 ★大阪市都市整備局公共建築部
  ファシリティマネジメント
●越井木材工業(株) ■(独)森林総合研究所
●会員  ■会員の所属機関 ★オブザーバー

 

<本件に関するお問い合せ先>
国産材を活用したヒートアイランド対策協議会 事務局                 しょうほ     こぶち 
越井木材工業(株)   技術開発室     荘保伸一、小淵義照
  TEL:06-6685-3180 FAX:06-6685-5537
広報室         辰巳祐子、中西美奈
掲載してある記事・画像その他の無断転載を堅く禁じます。
 
 
   
   
   
    お問い合わせ サイトポリシー 個人情報取扱方針 リンク
Copyright (C) 2006 KOSHII & CO.,LTD. All Rights Reserved