越井木材工業株式会社
中文
sitemap

トップ > 製品一覧 > サザインイエローパイン  > 薬剤の安全性
           > 土台・胴縁  > 薬剤の安全性
           > 合板  > 薬剤の安全性
 
                     
ウッドデッキ

薬剤の安全性について 


   
 
   
【なぜ薬剤が必要か?】  

昔から、ヒバやヒノキは耐久性のある樹種として知られてきました。
しかし、それらは全てが正しい情報ではありません。
確かに、ヒバやヒノキは耐久性に優れていますが、それは心材部分について言われていることです。
心材部分とは、幹の中心部分のことで、樹種によって少し赤みを帯びる部分です。
その周りにあたる辺材部分については、以下の実験結果が示す通り、
シロアリに弱いことが分かっています。

家とは本来、安全・安心・快適であるべきもの。
安全な薬剤を適所に用いることで、安心で快適な暮らしをお届けします。

 
保存剤無処理と、加圧注入処理(マイトレックACQ)済木材の防腐・防蟻比較
 
○防腐性能  
マイトレックACQの室内腐朽試験の結果(JISK 1571)  
供試菌
質量減少率(%)
マイトレックACQ処理材
(スギ辺材)
オオウズラタケ
カワラタケ
2.8
2.9
無処理・スギ辺材
オオウズラタケ
カワラタケ
61.7
26.3
   
   
○蟻害性能  
イエシロアリの巣を使った防蟻効力試験において、土台を想定したヒノキやヒバが1〜2ヵ月で大きく食害を受けていたと報告されています。
一方、自社でおこなった無処理材ヒノキの辺材とマイトレックACQ処理材(ヒノキ辺材)の防蟻試験において、無処理ヒノキの辺材は著しく食害を受けましたが、マイトレックACQ処理材はほとんど食害を受けませんでした(図1参照)。
 
   
※薬剤処理の有無によるシロアリ食害の違い
 
薬剤処理あり
薬剤処理なし
 
薬剤処理あり
薬剤処理なし
 
     
                 
薬剤名
マイトレックACQ
セルボーP
レザックR
処理後の色 緑色赤茶色(着色) 無色
有効成分 BKC+銅化合物BAAC AAC
薬剤認証 JIS K1570該当薬剤JIS K1570該当薬剤 JIS K1570該当薬剤
処理方法 JIS A9002[木材の加圧式防腐処理方法] JIS A9002[木材の加圧式防腐処理方法]  JIS A9002[木材の加圧式防腐処理方法] 
種類 銅・第四級アンモニウム化合物系木材保存剤ホウ素・第四級アンモニウム化合物系木材保存剤 第四級アンモニウム化合物系木材保存剤
主成分 銅化合物・N-アルキルベンジルジメチルアンモニウムクロリド(BKC)ホウ素化合物・ジデシルジメチルアンモニウムクロリド(DDAC) ジデシルジメチルアンモニウムクロリド(DDAC)
特徴 処理後の木材は緑色で、特に屋外の耐久性に優れています。処理後の木材は赤茶色(着色)で今一番新しい保存処理薬剤です。 処理後の木材は無色・無臭で木材が持つ本来の美しさを実現します。
主用途 住宅部材
屋外部材(接地/土留め)
港湾/河川用部材
住宅部材 住宅部材
屋外部材
四阿/ベンチ
   
   
マイトレックACQ  
   
マイトレックACQは、銅化合物(酸化銅:CuO)と塩化ベンザルコニウム(殺菌消毒剤)を配合した、固着性・高耐久性長期安定型の木材防腐・防蟻(防虫)剤です。毒・劇物取締法の対象外の普通物として取り扱われます。
主成分である銅化合物は、木材中で水に溶けない銅へと変化し、木材中に強く固着するため、注入処理した木材からほとんど溶出しません。魚毒性の判定もAであり、動植物に害がないことが実証されています。
有害な有機化合物を含まないので、シックハウス症候群の原因となるVOCや 発癌性物質、環境ホルモンの発生源とならず、極めて安全です。
   
   
セルボーP  
セルボーPは、ホウ素化合物と第4級アンモニウム塩を配合した、固着性・高耐久性長期安定型の防腐・防蟻剤です。
主成分である両成分は、共に防腐・防蟻効力を持っており、相乗効果によって、より高い防腐・防蟻性能が発揮されます。
第4級アンモニウム塩は、病院の消毒から衣服の柔軟材、リンスまで幅広く用いられ、非常に毒性の低い物質です。
有害な有機化合物を含まないので、シックハウス症候群の原因となるVOCや 発癌性物質、環境ホルモンの発生源とならず、極めて安全です。
   
     
レザックR  
レザックRの主成分である第4級アンモニウム塩は、毒・劇物取締法の対象外の普通物として取り扱われ、病院の消毒から衣服の柔軟材、リンスまで幅広く用いられる、非常に毒性の低い物質です。
有害な有機化合物を含まないので、シックハウス症候群の原因となるVOCや 発癌性物質、環境ホルモンの発生源とならず、極めて安全です。
   
             
    お問い合わせ サイトポリシー 個人情報取扱方針 リンク
Copyright (C) 2006 KOSHII & CO.,LTD. All Rights Reserved