Loading...

OUR HISTORY

1890年の創業後、
様々な事業を展開しながら、
木材とともに歩んできました。
history_1

電柱・枕木全盛期

創業から会社設立まで

1890年(明治23年)
木製電柱、鉄道の枕木の防腐処理で創業。

1900年(明治33年)
大阪・富田林にブッチェリー法による日本初の木材防腐工場を開設。

1931年(昭和6年)
大阪市西成区津守町にクレオソート油加圧注入防腐工場を建設。

1948年(昭和23年)
越井電柱木材株式会社を設立。戦後には電柱木材の納入は全国に拡がり、枕木も国鉄のみならず関西の各私鉄に及んだ。

history_2

左:大阪本社防腐工場
右:ヨーデルハウス

電柱・枕木から住宅へ

1958年(昭和33年)
戦後の人口増に伴う住宅供給に木材供給が追い付かず、電柱がコンクリートに移行し始め、越井木材電柱は存続の危機に立たされる。

1964年(昭和39年)
スウェーデン・ボリデン社の木材防腐防虫剤「ボリデンK33」の日本総販売権を取得し、住宅メーカーに防腐処理をした土台の販売を開始。

1970年(昭和45年)
西ドイツ・ボーデ社とログハウス「ヨーデルハウス」の技術提携を開始。翌年には日本で初めてログハウス工法(校倉工法)の評定を受ける。

1973年(昭和48年)
防腐薬剤部門を分離し、株式会社コシイプレザービングを設立。

history_3

床板及び集電ビームを納材した電車車両

様々な商品開発に邁進

1977年(昭和52年)
アメリカ・シカゴのMET-L-WOOD社と技術提携し、コンテナ用のドアの製造販売を始める。

1981年(昭和56年)
アメリカ向け地下鉄車両の構造用複合パネルの生産を開始。

1985年(昭和59年)
外壁用の防火木材の開発に着手し88年に「コシフネン18」を販売開始。マレーシアに合板製造のペルサハーン・コシナール社を設立。

1989年(平成元年)
ニューヨークに電車用パネル製造のアメリカ現地法人KOSHII AMERICA INC.を設立。
アメリカ・アーカーデッキと技術提携しウッドデッキの販売を開始。

history_4

日本第一号の木製ジェットコースター(城島高原パーク)

大型物件への挑戦

1992年(平成4年)
城島後楽園遊園地(現・城島高原パーク)の木製ジェットコースターに防腐木材を納入。その後、全国4か所のコースターにも納材した。

1993年(平成5年)
耐久性の高いウッドデッキ材「マクセラム-PL」を景観施設用木材として開発し製造販売開始。

history_4

マレーシア サバ州・スック事業植林地

アカシア床板製造販売・マレーシアでの植林事業開始-持続可能なモデルへの取組み

2000年(平成12年)
マレーシアにて早生樹アカシア・ハイブリッドの試験植林を開始。

2001年(平成13年)
アカシアを使ったトラック用床板の開発を開始。

2002年(平成14年)
マレーシア・サバ州においてアカシア・ハイブリッドの試験植林が採択される。

2003年(平成15年)
大阪本社にアカシア床板集成材工場をに新設。

2004年(平成16年)
マレーシアにて現地法人を立ち上げ、アカシア・ハイブリッドの植林事業を開始。2010年には1,441ha・約149万本の植栽達成、2012年にはマレーシア初の木本科の品種登録に成功する。
>植林事業詳細はこちら

history_5

長野駅

国産材の利用拡大-「地産外消」の実現へ

2006年(平成18年)
水蒸気式熱処理木材「コシイ・スーパーサーモ」製造販売開始。

2009年(平成21年)
中国・上海に中国市場開拓室を設置。

2010年(平成22年)
「国産材を活用したヒートアイランド対策協議会」を設立。木製外装のヒートアイランド現象抑制効果について実証。同年、「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が成立。
「地産外消」を理念として都市部や公共建築物などにおける国産材活用に取り組みはじめる。

2011年(平成23年)
国産材サーモウッドの木製サッシ「Kikoのまど」製造販売開始。

2018年(平成30年)
コンセプト住宅「KISM」を立ち上げ、分譲住宅販売を開始。

History Album