loading

製品・サービス

Products and Services

サーモウッド外装・軒天の事例

水蒸気式高温熱処理木材

コシイ・
スーパーサーモ

ノンケミカルながら、高い寸法安定性と耐久性が付与されたサーモウッド『コシイ・スーパーサーモ』。

もともとフィンランドで誕生したサーモウッド技術を、日本の樹種でも使えるよう改良した技術で国内生産しています。 自社工場生産のため、様々な地域産材・間伐材が利用可能です。
※「サーモウッド」とは、薬剤を使用せずに熱と水蒸気だけで木材の性質を向上させる技術です。

サーモウッド大阪工場
国産材などの天然木をサーモウッド処理

「薬剤を一切
使用しない」
フィンランド生まれの
サーモウッド

北欧・フィンランド発祥のサーモウッド技術を、日本の樹種でも使えるように国産材に合わせて改良した『コシイ・スーパーサーモ』は、木材を高温の水蒸気で熱処理することによって、耐朽性・寸法安定性を向上させた木材製品です。 ルーバーなどの外装材や軒天、ウッドデッキなど、特に屋外への木材利用に最適です。木製サッシ『Kikoのまど&KikoのまどHybrid』にもこのサーモウッドを使用しています。

また、サーモウッドは水蒸気と熱のみで処理するため、薬品を全く使用しておらず、室内外問わず利用できる「環境に優しい材料」です。

サーモウッドのデッキ材、フェンス材へ
サーモウッドの図書館外装
サーモウッドの学校軒天

コシイ・スーパー
サーモ
「5つの特長」

①寸法安定性

コシイ・スーパーサーモの最大の特長は、木材の寸法変化を小さくすることです。木材の寸法変化は、木材への水分の出入りによって大きく左右されます。木材の含水率は湿度によっても変化し、日本の気候で木材を使用していると約15~20%になります。 サーモウッド処理により、同じ条件でも含水率が10%以下にまで抑えることができ、水分の出入りによる寸法変化が起こりにくくなります。

外壁やフェンスなど、目に触れる場所への利用を可能にする、抜群の寸法安定性です。

② 耐朽性

もともと木材の寸法安定性の向上を目的としたサーモウッド処理ですが、220℃以上の処理で、耐朽性も向上することが分かっています。また、防腐性能が高く、ヒノキと同等以上の効果を発揮。 オオウズラタケやカワラタケといった木材を腐らせる菌類に強い木材です。スギ材の利用価値を高めるのに有効な技術です。

高耐久なので、無処理木材よりもランニングコストがかからず経済的です。

サーモウッドの腐朽試験
サーモウッドは腐れにも効果を発揮

③ 断熱性

木材にはもともと熱を伝えにくいという性質があります。これは木材が無数の細胞から出来ており、一つ一つの細胞中に空気が入っているためです。サーモウッド処理により、細胞中の水分が減り、その分空気層が増えるため、さらに断熱性が向上します。

④ 地域産材が使える

スギやヒノキなどの地域産材をそのまま屋外に使うと、腐れや反りなどが生じます。
コシイ・スーパーサーモは木材に高い寸法安定性と耐朽性を付与しており、腐れや反りの発生を軽減します。地域産材の活用が促されている今、建築物の木質化に最適な材料です。

コシイ・スーパーサーモは国内自社工場での生産のため、安心・信頼の品質でお届けします。 地域産材、間伐材を有効利用していただけます。

サーモウッド外装材で地域産材活用

⑤ LCA(ライフサイクル
アセスメント)

製品となる資源の採取から製造、輸送、使用、廃棄などすべての段階における製品の環境への影響を定量的、客観的に評価する手法をLCA(ライフサイクルアセスメント)と呼びます。 コシイ・スーパーサーモは、外装材としてよく用いられるアルミやタイル等と比べて環境影響評価が高い製品です。

屋外利用にあたっての特性

木材は経年により徐々に色が抜けてきます。これは太陽光に含まれる紫外線によって分解された木材表面の成分が雨によって流れ出すために起こりますが、木材自体の性能は保たれます。 木材の色変化は自然のものであり、そのエイジング(経年変化)もデザインの一つとして楽しめます。
※色変化の軽減を優先される場合は、塗装や設計上の工夫(軒の出の大きい場所に使う)などのご配慮をお願い致します。

【 経年による色変化の事例 1 】
無塗装・軒なし

サーモウッド外装材の経年変化

【 経年による色変化の事例 2 】
無塗装・軒なし、軒あり

サーモウッド外装材、軒天の色変化の違い

塗装について

色変化を味として楽しめる木材ですが、表面の保護をする場合やお好みの色にしたい場合は、塗装がお奨めです。

外装へはメンテナンスサイクルを長くするために、材表面に薄い塗膜を作り、材にある程度含浸する半造膜タイプの木材用塗料がおすすめです。 デッキのように歩いたり触れたりする場所は、塗膜を作らず再塗装が容易な含浸タイプの木材用塗料がおすすめです。

【 経年による色変化の事例 3 】
塗装 : オイルステイン系・軒なし

サーモウッド外装材の塗装

熱処理木材として
日本初
「優良木質建材等(AQ)認証」取得

越井木材の熱処理木材『コシイ・スーパーサーモ』のうち、最も高い温度で処理した「コシイ・スーパーサーモ(D1+++)」は、 平成19年10月1日、熱処理木材としては日本で初めて、公益財団法人日本住宅・木材技術センター より優良木質建材等(AQ)の認証を受けました。(認証番号:AQ-239-K1-1)
※D1+++処理のみ

コシイ・スーパーサーモ
AQ認証

AQ認証は優良木質建材等認証の通称で、Approved Qualityの頭文字をとったものです。JAS規格に規定されていない新しい木材製品等を対象に、 公益財団法人日本住宅・木材技術センターが客観的な評価を行うことで消費者に安全性及び居住性に優れた製品を提供することを目的とした公的な制度です。
高温熱処理技術を使った木材製品には類似品が複数ありますが、AQ認証のような公的機関の認証を受けているのはコシイ・スーパーサーモだけです。 工場の厳しい品質管理基準をクリアしたAQ認証材は『コシイ・スーパーサーモD1+++(ディーワン・スリープラス)』というクラスです。

AQ認証取得のコシイのサーモウッド

都市部と山間部の
共存共栄をめざして

わたしたちは日本中の「顔の見える」木材を使った木製外装材を提案しています。

自治体、森林組合、製材所や地域の材木店とともに、計画的に管理され、再植林された木材を積極的に使用しています。 日本の木を意匠材として活用することで、都市部の環境改善に役立つと同時に、山間部にも付加価値が残り次の植林、育林、ひいては山間部の雇用促進にもつながります。

これからは、都市部と山間部が提携し、ともに発展する時代になります。

コシイが目指す地産外消

【仕様・特徴】

処理温度によるクラス分けやサイズ一覧などはこちら(PDF)
□本製品は、天然素材の為、ロットにより色の濃淡や節の入り方に差が出る場合があります。
□本製品は、熱処理により節が割れたり、抜ける場合があります。
□本製品は、熱処理の影響により、納入当初は濃い茶色をしております。
□本製品は、紫外線や雨濡れの影響、ご使用環境により、色変化(木材表面の色素が流れて灰白色になる、空気中の埃が木材表面に付着して黒くなる)や木材表面の干割れ、ささくれが発生する場合があることをご了承ください。
□本製品は、経年変化により色が変化しますが、性能には問題ありません。

■東京都建設局 新技術登録(登録番号 1701009)
■東京都港湾局 新材料・新工法登録(登録番号 28003)

【この製品に関するお問合わせ】

■SD事業部
東京出張所/TEL : 047-395-6321  
本社/TEL : 06-6685-2064
E-mail : sd@koshiiwoods.com

事例紹介

Cases

画像をクリックすると
『コシイ・スーパーサーモ』の施工事例のページに移動します。
越井木材の実績・事例はライブラリーでもご覧になれます。

サーモウッド軒天事例

水蒸気式高温熱処理木材

コシイ・スーパーサーモ

『コシイ・スーパーサーモ』のさらに詳しい情報を、PDFファイルで閲覧、ダウンロードすることができます。製品の導入やご検討の際など、ぜひご活用ください。ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合わせ

Information