最新情報

News & Topics

森林×脱炭素チャレンジ2022で林野庁長官賞を受賞

「森林×脱炭素
チャレンジ2022」
優秀賞(林野庁
長官賞)を受賞

2050年のカーボンニュートラル実現に向けて、民間企業や団体の森林整備や木材利用拡大への取り組みに対し、整備した森林のCO2吸収量、森林整備の取組内容の観点より顕彰する 「森林×脱炭素チャレンジ2022」 を林野庁が新たに企画、募集しました。

越井木材工業では、国内での植林、国産材プラットフォーム『KISM(キズム)』など、日頃の「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals : SDGs)」に関する取り組みを応募し、 「『伐って、使って、植える』森林の循環利用への貢献」において「優秀賞(林野庁長官賞)」を受賞いたしました。

■「森林×脱炭素チャレンジ2022」について:林野庁ウェブサイト(外部リンク)

【取り組み内容要約】
1.国内自社林の整備による森林のCO2吸収
三重県、大分県の社有林において、間伐などの森林整備を実施。森林のCO2吸収量の合計は346トン/年。

2.国産材プラットフォーム『KISM(キズム)』の展開
自社林の間伐により産出された丸太について、歩留の高い製材方法の検討と、製材品を活用した商品開発や販路の拡大を行う。また、理念に共感頂いた製材所のネットワーク化、ビルダー等との協定を結び、新たなサプライチェーンを構築。 長期に渡る国産材の安定利用を図る。

<詳細はこちら>
■林野庁プレスリリース(外部リンク)
■「モクレポ」令和4年5月号(外部リンク)

<関連リンク>
■国産材プラットフォーム『KISM(キズム)』
■植林事業
■山腹崩壊・流木抑止工法
■木育(SDGsへの取り組み)
■コシイのSDGsへの取り組み

【本件に関するお問合せ先】
越井木材工業株式会社 総務部
TEL / 06-6685-2061(代) 
E-mail / info@koshiiwoods.com

お問合わせ

Information